HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

トロンパス越えトレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2011/01/03 (7/14)

アッパーピサンの朝


7時半頃起きて、外を少し歩く。



部屋と食堂の間には、廊下がある。ここには、窓がないので寒い。



ゲストハウス全景。




ピサンゴンパ


上のオールドゴンパまで行くが、朝のお勤め中で相手をしてもらえそうもなかったので、さらにその上にあるニューゴンパに行ってみる。



ニューゴンパからの眺めは素晴らしい。正面には、アンナプルナの氷河も見られる。



ゴンパでは、坊さんたちがみんなお湯で顔を洗ったりしていた。コルラだけして宿に戻る。



オールドゴンパ。



宿の犬。静かで賢い。



朝食はチベタンブレッドとオムレツ。うまい。



食堂。ピサン方向の風景が一望できる。



キッチン。


マナンへ向け出発


9時20分出発。今日はそれほど距離を歩かないので、ゆっくり目の出発。



振り返ったところから見えるアッパーピサンの村。



マナンへの道は、谷底を進むものと、山の斜面をトラバースするものがあるが、トラバースするほうが景色を楽しめる。でも、登り降りが多い。。。





このマニ車の並んだところまでは、大した上り下りはなかったが、ここからギャルへは急登。ダウンジャケットとヒートテックを着て、出発したが、あまりに暑く、途中で脱ぐ。暑くて着てられない。


ギャル村


ギャル村到着。どこの村もそうだけど、このシーズンは人が少ない。









ギャル村からナワル村までの道は楽。景色も素晴らしい。














ナワル村到着


13時30分。



ナウルも良い村だけど、人がいない。みんなで稼ぎにカトマンズに行っているんだとか。





ナワルで遅い昼食。開いているゲストハウスは少ないので、食べる場所は限られる。



ここでもトマトヌードルスープとブラックティーを頼む(310ルピー)。トマトヌードルスープにハズレはない。



ナウルからは下り。川まで降りる。



フムデの滑走路が見えるが、雪がかぶっており、全く使っていないようだ。




バラガ到着




だんだんと日がくれてきて、焦りもでてくる。


マナン到着


村の入口にあるチョルテン。



大きな村かと思ったら、そうでもなかった。





街中には映画館もあり、周辺の村とは少々違う。


ギャルゼンロッジ


テレビを見ながらの料理。やる気なし。



夕食はフライドポテトとトマトスープ。フライドポテトは一度、圧力鍋で茹でてから、皮を剥き、フライパンで炒めた。途中で、何を作っているのかわからなくなり不安になった。

20時には就寝。



HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • その氷河を眺めた高台からみたパスー村。日陰になっていてちょっと残念。


    • ソップ・モエ・アーツ。なかないい。カレン族が作った民芸品などを販売しているショップ。

    • 道はよく歩きやすい。

    • 外は真っ白。気温も低く、厚着してきて良かった。

    • 12時、サパ到着。ミニバスを降ろされたのは、歩き方の地図の範囲外であったため、人に聞きながら中心部へ。 中心部に行く途中から、バイタクやら、土産物屋から頻繁に声をかけられる。

    • 17時15分シムラ到着。なんだかシムラの宿は高くてねぇ。なかなか無いものだから来たときに泊まった宿と同じところに泊まることに。坂道を登ってその宿に向かう。

    • タウリルトのカスバ内を案内してくれた子供。写真を撮ってもチップは要求されなかった。

    • 村の入口にあるチョルテン。