HOME | 概要 香港 ポカラ ガンドルック デオラリ タトパニ レテ マルファ カグベニ ラニパウワ ジョムソン ジョムソン カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

アンナプルナトレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2005/01/01 (10/14)

ラニパウワからジョムソンへ戻る


8時半に出発。昨夜雪が降ったようで昨日よりさらに周りの山々が白くなっていた。途中、昨日は通り過ぎてしまったジャルコットに寄る事に。村の入り口には門番が。怖いんだって!!顔が!!



寒気がするぜ。この歯なにでできているんだよう。まさか人の歯じゃないだろうな!



2005年1月1日の初詣はジャルコットのJar Choedhe Rigdrol Phuntsog Lingにお参り。なかなか迷路みたいな道を辿りながらお寺へ。敬虔な仏教徒のおばちゃんがぐるぐるゴンパの周りを回っていた。



遠くからもよく見えるジャルコットの塔(?)



ジャルコットの村の中の道。今日の天候がそう思わせるのか、薄暗くて怖い。


ジャルコットからジョムソンへ坂を下る


坂を下っていくとカグベニとエクライバッティを分ける立看板がある。



来た時との道とは違って随分と高いところを歩く。遠くにカグベニの村が見られる。



エクライバッティの小さな村を後にして広大な河原に入る。



河原ではじっくりとアンモナイト探し。



じっくりじっくり探す。





オールドジョムソンから橋を渡りジョムソンの町に入る。



町の周辺は石畳の立派な道がある。


LOMANTHANG GUEST HOUSEに泊まる


13時45分宿に到着。途中、ジャルコットに寄ったりアンモナイトを拾ってたら、こんな時間になってしまった。とりあえずコーラを飲み外へ。外を歩いてみても誰もいない。ただ宿前につなげられたヤギが気になるのだが。





やることもないので遅い昼食。軽くトマトヌードルスープ。これもうまかったねぇ。


ヤギの解体ショー始まる


昼間、牛などの攻撃をうまくかわしていたヤギだったけれど。



あらら、おなかがぱっくりと開いている。湯気がたっているのだが・・・



内臓と肉がきれいに分けられ、腸は洗われる。血もコップですくってきれいにボールに入れられる。



はい、とりあえず一段落終わり。肉は天井から吊るされている。毛皮は床に。



次はソーセージ作り。「日本ではこういうソーセージの作り方はしないだろう。全部機械でつくるんだろうな」なんていわれながら、脇で見学。内蔵を斧のような刃物でみじん切り。それを洗った腸のなかに大腸側から詰める。





子供はヤギの頭で遊ぶ・・・


夕食


解体ショーと夕食がちょうど同時間帯だったからねぇ。なんの臓器かわからないものをもった兄ちゃんたちが目の前を行ったりきたり。おいおいこっちは食事中だって言うのに。夕食はチキンカレーとベジチーズモモ。





HOME | 概要 香港 ポカラ ガンドルック デオラリ タトパニ レテ マルファ カグベニ ラニパウワ ジョムソン ジョムソン カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • その隣に、橋本元首相の碑もあった。

    • BÓNUSで買った食料の品々(一部)。右下のSkyr(スキール)はアイスランドでポピュラーなヨーグルト。クリーミーで種類もイチゴ、バナナ、アプリコット、クランベリー等と豊富。滞在中、5種類は食べたかな。

    • DMZの西側に沙川江(サチョン川)が流れ、そこに架かる橋では朝鮮戦争後に捕虜交換が行われた。北朝鮮から逃れた自由主義者、北朝鮮の捕虜となった韓国軍兵士が韓国側に渡り、その橋を渡ると二度と戻ることができないことから「帰らざる橋」と呼ばれている。「ポプラ事件(ポプラの木事件)」の舞台のすぐ近く。

    • スキュの村は谷に沿って広がっており、どこからどこまで村なのか良く分からない。人はそこそこ多く、チリンからレーに向かうバスに乗るために、私とすれ違う人も多かった。子供たちは元気よく遊んでいる。

    • ケチェパリ湖へ続く道の脇にある巨大マニ車のお堂と尼さん。

    • FUJI旅館のダイニングキッチンで朝食。朝食は今日もパンにハムとチーズ。ファンタのポメロ味は甘酸っぱくおいしい。

    • 宿近くの食堂で夕食。朝食での経験を踏まえ、若い夫婦がやっているところを探す。何を注文していいのかわからなかったので、入り口近くのテーブルに座っていた人と同じものを注文。50000ドン。 これは、美味かった。 何だか、移動につかれた日で、シャワーも浴びずに爆睡。

    • 香格里拉の市街化に飲み込まれていないところは、延々と畑が続いていて印象的。その風景の中に立つチョルテンの周りをおばあちゃんがコルラしていた。

    • 朝5時半に気球ツアーの迎えが宿に来て、集合地点まで連れて行かれる。アナトリアの宿でこのツアーに参加したのは5名。 集合地点で、グループ分けなどをしたあと、パンやコーヒーなどが振舞われる。腹が減っていたせいか、パンが美味く2~3個いただく。それにしても、のツアーの参加者は100名以上はいたように思う。欧米人を中心にかなりの人の数。 ここから、グループごとに、再度、車に乗せられ、出発地点に移動。