HOME | 概要 香港 ポカラ ガンドルック デオラリ タトパニ レテ マルファ カグベニ ラニパウワ ジョムソン ジョムソン カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

アンナプルナトレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2005/01/03 (12/14)

翌朝、やっとポカラへ


昨日と同じように空港に行く。今日は一番最初にカウンターが開いた。TAX165Rsを払う。今日は昨日と違ってまったく風がない。正面のニルギルもはっきりと見ることができる。でもロイヤルネパールは3機の内、やっぱり一番最後に登場。当然出発も8時半のビリ。後ろに座っていたチベタンのお嬢さんがしきりに機内に米をまく。お祈り。プージャ。





両側に素晴らしい山を見ながら狭い峡谷の間をすり抜けるように飛び立つ。





ポカラに9時着。乗ってきた飛行機がそのままカトマンドゥに行くということでポカラの空港で再び身体検査などを受けた後、機内に乗り込み、10時40分発。結局、ポカラではゆっくりするような時間が無かったな。また、来よう。


カトマンドゥ到着


11時15分カトマンドゥ着。タクシーで一先ずロイヤルネパール航空のオフィスへ。リコンファームをする。帰りの便が時間通りと言われてなんだか意外な感じがした。それからタメル地区まで歩いていく。




ピラミッドホテルに泊まる


客引きに引かれ5ドルのピラミッドホテルに泊まる。まぁまぁ、久しく客が泊まっていないらしく、水が茶色い。ベランダがあり、その向こうには広場が広がっている。このあとタメルをほっつき歩いていると、ガンドルックで出会った日本人の女性2人組に出会う。ネパールは狭い。


ボダナートへ


タメル地区にいても面白くないのでボダナートに行ってみることにする。タクシーで130Rs。帰りは比較的空いていて102Rs。以前にも来たことあるけど、前に来たときは人に連れられてきたのでゆっくり見ることができなかったので今回はじっくりと見て回った。





子供たちが夕日に照らされたボダナートで遊んでいる。



それにしてもすごい人たちだ。そういえばここも有料になっている。100Rs。当然抜け道はいくらでもあるけど。



HOME | 概要 香港 ポカラ ガンドルック デオラリ タトパニ レテ マルファ カグベニ ラニパウワ ジョムソン ジョムソン カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • しょうが無いので、国境近くにある独樹成林とかいうものを見に行ってみることに。

    • もともとは500人ほど描かれていたらしいが、今残っているのは18人。奥行き20mくらいの壁に残っているだけ。

    • 登っている途中にあった、この場所がビューポイントかな。

    • だいたいこのような低木の生える平原の中を走っていく。ウルル(エアーズロック)周辺もそうだったが、いわゆる砂漠の景観ではない。

    • レーについてからは、市内にいかずにスピトックまで少し歩く。近いと思ったら意外に距離があったこれまた凹む。道路がスピトックゴンパ方面とアルチ方面へ分かれるところにて、サスポルまで乗せてくれるバスをラダッキ達と共に待つ。上の写真はスピトックゴンパ。朝靄のなかのゴンパもなかなかいいもの。 9:30にダー行きのバスが来た。これでサスポルまで行ける(49ルピー)。

    • 大型のバスかと思ったら、ミニバンだった。10:50、9人を乗せ出発。

    • 川を挟んで別々の農作物を作っているものと思われる。

    • 15時発。100ルピー。通常の渡し船なら2.5ルピーなのだが(ただし、到着場所が異なり、観光用のボートが到着するところのほうが、中心街に近い)。

    • Mackay Falls下流の流れ。岩には苔がびっしり。